通水管|仮面女子・神谷を「ぶっ殺す」

アイドルグループ、仮面女子の神谷えりな(25)のブログに殺害予告が書き込まれた事件で、警視庁万世橋署が脅迫容疑で神奈川県の運送業の男(32)を逮捕したことが27日、分かった。男は東京簡裁から通水管罰金20万円の略式命令を受け、すでに納付済み。 2月7日に神谷のブログに「卒業したらぶっ殺す」などと書き込んだ疑い。1月以降、ブログに殺害予告が書き込まれており、所属事務所が被害届を通水管提出していた。同署は他にも複数の人物が関与している可能性があるとみて調べている中高校生の喫煙率や飲酒率がここ5年間で大きく減っていることが長野県の調査で分かりました。高校1年生男子の喫煙率の通水管場合、5年前の100人中3.5人から0.3人へ大幅減。国や地域での禁煙論議や喫煙環境の法規制の動きといった社会情勢や学校、家庭の強い指導などを反映しているのではないか、と同県は見ています。か通水管つては高1男子の18%、5人に1人近くがたばこを吸っていたのと比べても大きな変化が続いています。【イラスト】受動喫煙防止法不成立なら、どんな影響がありそう?市場縮小の可能性も?長通水管の中高生、喫煙率が激減 高1男子は15年前の18.6%から0.3%に[図]現在の喫煙状況。2011年と2016年の比較(長野県の資料から)受動喫煙問題など社会情勢反映か 通水管長野県の「未成年者の喫煙・飲酒状況等調査」は未成年者の喫煙、飲酒ゼロを目指す計画の一環として5年ごとに県の健康増進課が実施し、今回は4回目。2011(平成23)年度に次いで2016年度分とし通水管て昨年7月~8月に県内の中学校117校の1年生男女5592人、高校60校の1年生男女5131人を対象に無記名記入方式で調べ、有効回答率は中学、高校とも99.1%。 このほどまとまった通水管16年度の調査結果によると、高1男子の喫煙率は0.3%で5年前の3.5%から大きく減少。高1女子も5年前の2.5%から0.4%へ減りました。 高1男子の場合、初回調査の2001年度は通水管、喫煙率が18.6%と5人に1人近い状態でしたが、2回目調査では6.8%、前回3%台、今回0.3%へと毎回大きく減少。特に今回の調査時点でほぼゼロに近い喫煙率まで減少しているのが特徴です。