通水管|東京都議選、各政党

東京都議選の投開票日が近づいている。全国的にも注目され、国政にもかなりの影響のある都議選となる。「東京都議会選挙、今日告示~国政にも大きな影響」。すでにいくつもの選挙通水管予想も出ている。私の予想は以下の通り「東京都議会選挙、最終予想~都民ファースト47、自民40、公明23、共産11、民進5、ネット1」だが、予想はあくまで予想。どのくら通水管いの議席数が各政党・各会派の勝敗ラインになるのだろうか。まずは自民党だ。選挙予想では35議席から50議席前半くらいまでの数字が出されている。前回の都議選で56通水管議席を獲得しているのだから、それは下回ることになりそうだ。現実的な勝敗の目安としては、都民ファーストの会、公明党、生活者ネットワークなどの小池知事勢力の過半数獲得を阻通水管止することと、都議会第一党になることだろう。「完全勝利」はこの二つを実現することで、具体的な議席数としては、50議席近くの議席数が求められるだろう。都民ファーストの会通水管よりも議席数を獲得して、都議会第一党となることが次のレベルの「勝利」といえる。これは心理的に大きな差を生む。都民は都民ファーストよりも自民党に信頼を置いたと言うことが通水管でき、小池都政に異議を唱えるのがやりやすくなる。45議席をめぐる争いになるだろう。都民ファーストの会は、自民党の逆だ。つまり、小池勢力で過半数を得て、多数派与通水管党を形成し、都議会で第一党になれば、「完全勝利」だ。第一党を逃しても、小池与党がマジョリティになれば、「勝利」といえる。都議会の運営は、非常に楽になる。新人が多いため通水管に「風」頼みの選挙になる。現在のところ、小池勢力での過半数は達成しそうで、ポイントは第一党に都民ファーストがなるか、どうかだ。仮に小池勢力で過半数を取れない場合には、通水管民進党を巻き込むことも考えられるが、都民ファーストに民進党からの離脱者がおり、スムーズには行かないかもしれない。小池勢力で過半数を切ると、都政運営は厳しくなる。