通水管|お父さん、お母さんといっしょに暮らした

先日、文部科学省が発表した、全国の公立小学校に在籍する日本語がわからない子どもたちについての最新の調査結果が話題となりました。その通水管数、外国籍と日本国籍合わせて40,000人を超え、子どもの日本語教育の課題は、大手メディアなどでも取り上げられていました。通水管国にルーツを持つ子どもたちについてメディアで取り上げられる際は、どうしても分かりやすい課題に着目されがちです。たとえば、日本語がわ通水管らないがために、勉強についていくことができず、結果として高校進学率が60%前後にとどまってしまう、というような教育上の課題は、文科通水管の調査発表のタイミングに合わせて注目が集まりました。一方で、国を超えて移動する家族とその子どもたちには、言葉の壁や教育機会通水管不足と言った課題以外にも直面する困難があります。その困難は、家庭の中で起こることから、なかなか周囲に気づかれることがなく、支援の必通水管性も認識されづらいものです。「呼び寄せ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。「呼び寄せ」とは、外国人の親御さんがわ通水管子を親戚などに預けて来日し、その後日本での生活基盤ができたり、子どもの教育的な節目(小学校修了、中学校修了時など)で、日本で共に暮通水管すためにわが子を日本に呼ぶことです。筆者の運営する現場で出会う子どもの半数以上はこの「呼び寄せ」と呼ばれる子どもたちであり通水管「親と同時期に、日本へやってくる」子どもの方が珍しい存在です。呼び寄せの子どもたちとは、呼び寄せられて来日した直後に出会うことも