通水管|活発な梅雨前線北上

西日本では、きのう29日(木)の夜から、きょう30日(金)の未明にかけて、活発な雨雲がかかり、50年に一度の記録的な通水管大雨となったところがある。きょうも西日本の日本海側を中心に、夕方にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあり通水管、土砂災害に厳重な警戒が必要だ。 きょうは、対馬海峡から西日本を通って伊豆諸島付近にのびている、活動が活発な通水管梅雨前線が、夜にかけて、山陰沖から北陸地方・関東北部に北上する見込み。前線に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込通水管ため、西~東日本では、あす7月1日(土)にかけて、日本海側を中心に大気の状態が非常に不安定となりそうだ。 特通水管に、西日本ではきょう夕方にかけて、日本海側を中心に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがある。これまでの通水管大雨で地盤の緩んでいる所では、土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水や河川の増水・氾濫などにも警戒が必要だ通水管活発な梅雨前線北上 西日本日本海側は激しい雷雨に30日午前9時の雨の予想。 また、西~東日本では通水管、あすにかけて、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要となる。もくもくとした黒い雲が近づいて来る、急に冷たい風が吹通水管く、雷の音が聞こえる、など発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、丈夫な建物内や車の中に避難をするようにしたい。