通水管|<都議選>都民審判

東京都議選最終日の1日、各陣営は街頭で最後の訴えに声をからした。各党とも党首や幹部クラスを投入するなど、国政選挙並み通水管に力を入れてきた9日間の選挙戦はフィナーレを迎え、都民の審判を待つ。市場移転問題や少子高齢化対策など都政の課題が山積通水管する中、稲田朋美防衛相の応援演説での問題発言などに注目が集まった選挙戦。候補の訴えは有権者に届いたのか。 「通水管ああいう政治家のいる党に任せて大丈夫なのかと疑問に感じる」。新宿区で候補の演説を聞いていた会社員、小山瑠里子さん(2通水管)は選挙戦後半に飛び出した稲田防衛相の発言に厳しい目を向けた。 板橋区で候補者の演説を聞いていた大学教授の男通水管性(51)も「政策以前の政治姿勢の問題。もはや民主主義を逸脱している」と批判した。ただ、男性は税金の使われ方に目を向通水管ける。「東京は地方よりも急速に高齢化が進むので、現役世代として心配。高齢者を支えるためには、金がいくらあっても足りな通水管のでは。東京五輪・パラリンピックという一過性のイベントより、大事なことに金を使わないといけない」 板橋区の候通水管補者の集会に参加したアルバイトの女性(60)も「東京五輪は楽しみにしているが、お金をかけすぎず、無駄のない運営をして通水管ほしい。都議会が小池百合子知事に白紙委任するのも抵抗がある。知事と一線を引いている候補者を選びたい」と話した。