通水管|香港独立「決して許さず」

香港時事】香港が英国から中国に返還されて20周年に当たる1日、香港島中心部の会議展覧センターで記念式通水管典が行われた。中国の圧力に高まる不満=1日に香港返還20年 出席した中国の習近平国家通水管主席は「中央の権力と香港基本法の権威に対する挑戦は決して許さない」と警告し、香港でくすぶる独立の動き通水管に強硬姿勢で応じる考えを示した。 習主席は香港に適用されている「一国二制度」に関し、「『一国通水管』が根になる」として、「一国」が「二制度」に優先すると強調。また、「青少年の愛国主義教育を強化する必通水管要がある」と述べ、香港独立を視野に入れる新興の反中勢力「本土派」の中核を占める若年層に対し、思想面で通水管変革を図っていく意向を明らかにした。 このほか、香港の親中派と民主派の対立を念頭に「政治化の通水管広がりの渦に巻き込まれれば、経済と社会の発展をひどく阻害することになる」と指摘した。 式典で通水管は香港行政長官の就任式も行われ、今年3月の選挙で当選した親中派の林鄭月娥氏が習主席を前に宣誓し、正式通水管に就任した。 一方、地元警察は習主席の香港入りを受け、約1万人を動員して警備に当たった。