通水管|<大阪地裁>プチ整形で後遺症

簡易な美容整形として人気の「プチ整形」で目と鼻に後遺症を負ったとして、大阪市の20代女性が美容クリニ通水管ック大手「品川美容外科」を経営する東京都内の医療法人側に約1200万円の損害賠償を求めた訴訟が大阪地通水管であり、女性に800万円の解決金を支払うことで和解したことが分かった。 和解は6月21日付。通水管訴訟記録などによると、女性は2014年11月、品川美容外科梅田院(大阪市北区)で鼻を高くするため、ヒ通水管ルロン酸注射を受けた。しかし、医師が誤って目の血管に注射し、女性は緊急入院。左目の視野が正常より2割通水管くなったり、鼻の皮膚がひきつったりする後遺症を負った。 女性が支払ったのは1万6690円。ヒ通水管アルロン酸注射は、メスを使わず短時間で終わる「プチ整形」の一つで、若い女性を中心に人気という。通水管 医療法人は全国27カ所で品川美容外科などを経営。梅田院では06年にも大阪府内の男性が鼻の整形でやけ通水管どを負ったとして訴え、法人側が150万円を支払うことで和解している。 国民生活センターによる通水管、昨年度、プチ整形などの美容医療サービスを巡って健康被害などを訴える相談は1936件寄せられている