通水管|北朝鮮の「ICBM」はアメリカに届く

北朝鮮の国営メディア・朝鮮中央ニュースは4日午後、北朝鮮が「大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に初成功した」と報じた。このことは何を意味するのか? 専門家に聞いた。【通水管BuzzFeed Japan / 渡辺一樹】北朝鮮は4日午前9時39分ごろ、平安北道から日本海に向かって弾道ミサイル1発を発射した。日本政府によると、ミサイルは約40通水管分間飛んだあと、日本の排他的経済水域内(EEZ)に落下したと見られている。朝鮮中央ニュースの放送で、北朝鮮はこのミサイルが「火星14」で、「頂点高度2802キロまで上通水管昇し、933キロを飛行した」と発表した。一方、ロイター通信によると、 米太平洋軍は、今回のミサイルについて、ICBMよりも射程距離の短い「地上発射型の中距離弾道ミサイ通水管ル」だと発表した。「北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)が分析し、北米への脅威はないと判断した」としている。北朝鮮の「ICBM」はアメリカに届く? そもそもミサイルって何通水管? 専門家に聞いた。防衛白書よりこの状況をどう見るべきか。静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之さんが解説する。「ミサイル開発は、北朝鮮が金正通水管恩体制になってから加速しています。焦点の一つが、アメリカ本土に届くミサイルの開発です。アメリカ本土に届くミサイルを手に入れれば、アメリカ政府と交渉したり、アメリカの軍事行動を通水管抑止するのに、大きな意味があるからです」本土に届くミサイルが、ついに開発されたのだろうか?「仮に今日発表された数字が、このミサイルの性能限界であるなら、今のと通水管ころアメリカ本土には届かないと考えられます」「射程距離を一番長く試算しても6700キロだと考えられるからです。アメリカ本土は8000キロ以上離れています。6700キロ通水管だと、アラスカ州には届くけれども、ハワイの主な島には届かない距離です。さらに今回の発射では、弾頭の分離が確認されておらず、兵器として完成された状態ではないとみられます」