通水管|<経済同友会>都議選自民敗北

経済同友会の小林喜光代表幹事は4日の記者会見で、東京都議選で自民党が通水管歴史的惨敗を喫したことについて「原因は明確だ。(安倍政権が発足から)通水管4年半たって、かなり強引なものの進め方を都民が気にし始め、ちょっと政通水管を変えてみたいと思ったのだろう」と述べ、政府・与党に敗因があるとの見通水管方を示した。【写真特集】重苦しい雰囲気の自民党本部 通水管林氏は、先の通常国会での「共謀罪」法の強行成立や学校法人「加計学園」通水管問題への対応などを念頭に「安倍政権の説明が足りず、都民が納得できなか通水管った。国民には『知る権利』があり、そこに対する配慮が足りなかった」と通水管判。「安倍政権が説明責任を果たしながら進んでいくのか、(都議選の結果通水管を受けて)国政がひっくり返るのか、見立ては難しい状況だ」と述べた。