通水管|<公明代表>国民的合意なく改憲論議進めないで

公明党の山口那津男代表は5日の記者会見で「政権の課題は経済再生の推進だ。通水管憲法は政権が取り組む課題ではない」と述べた。安倍晋三首相が2020年の改通水管憲法施行を目指していることに関しては「自民党総裁として党内に向けたものだ通水管と指摘。国民的な合意のないまま改憲論議を進めないよう首相をけん制した。通水管【表でわかりやすく】主な政治日程と安倍首相の戦略 山口氏は「通水管論の場は(衆参両院の)憲法審査会であり、正規の土俵で議論を深めることが重通水管要だ。与党の枠組みは直ちに憲法の議論につながらない」とも述べ、自民、公明通水管党で改憲案をすり合わせることに慎重な見解を示した。 山口氏の発言通水管ついて、菅義偉官房長官は記者会見で「自民党は立党以来、憲法改正を主張して通水管る。(公明党と)温度差があるのは自然ではないか」と述べた。【高橋克哉】