通水管|「加計」説明に消極姿勢

学校法人「加計学園」の獣医学部新設などをめぐり衆参両院で閉会中審査の実施が決まった。 ただ、行政がゆがめ通水管られたとされる疑惑の中心に居る安倍晋三首相は外遊中。首相が約束した「丁寧な説明」が実現するかどうかは帰国後に持ち通水管された。東京都議選の惨敗を経ても、国民の疑問に答えることにはなお消極的な姿勢で、野党は「首相隠し」(民進党幹部)通水管反発している。 「政権奪還時の初心に立ち返り、高い緊張感を持って一つ一つ結果を出すことで、国民の信頼回復通水管努めたい」。首相は5日、欧州歴訪に先立ち羽田空港で記者団にこう強調した。ただ、首相は「説明」には言及せず、「国政通水管いっときの停滞も許されない」と述べて野党をけん制した。 民進党は4日の自民党との国対委員長会談で、首相出通水管での衆院予算委員会の閉会中審査を求めたが、自民党は首相帰国後に改めて協議するとして結論を先送りした。菅義偉官房長通水管は5日の記者会見で「(首相は)国会で決めれば当然、丁寧に説明する」と述べたが、政権幹部は「国会に出ても、説明不足通水管か疑惑が深まったと報道される」と後ろ向きだ。 折しも北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試験発射に成通水管したと発表。首相は、野党も批判しにくいテーマに取り組む姿勢をアピールすることで、局面転換を図る意向とみられる。