通水管|<軽井沢バス事故>運転技能の未確認指摘

大学生ら乗客・乗員15人が死亡、26人が重軽傷を負った長野県軽井沢町のスキーツアーバス事故で、事業用自動車事故調査委員会は5日、調査報告書を公表し通水管た。死亡した運転手は大型バスの運転に約5年のブランクがあり、下り坂で操作を誤ったと判断。運行会社が安全を軽視した事業運営を行い、法令で定められた適通水管性診断を受診させず、運転技能を確認していなかったことなどが事故につながったと指摘した。 国土交通省の要請で調査していた事故調の酒井一博委員通水管は「貸し切りバス事業者は、法令順守やドライバーへの教育などを適切に実施してもらいたい」と述べ、全国の事業者などに再発防止を求めた。 報告書通水管によると、運行会社「イーエスピー」(東京都羽村市)は事故約2週間前の2015年12月30日、土屋広運転手(当時65歳)を契約社員で採用した。道路運通水管法では、運転手の新規雇用時などに適性診断を受けさせることが義務づけられているが、イ社は受診させていなかった。 土屋運転手は前のバス会社に勤通水管務していた11年6月、適性診断を受診。15年12月には、国の認定を受けていない民間機関の適性診断の反応検査で「突発的な出来事の対処を間違えやすい傾通水管向にある」と判断され、「特に注意を要する」との診断を受けていた。 また、イ社の採用面接で、土屋運転手は「最近はマイクロバスしか運転していな通水管」と申告。同僚には「大型バスの運転は5年くらいブランクがあり、あまり運転に慣れていない」と話したという。 報告書は「イ社が適性診断を行って通水管いれば、同様の診断結果を得た可能性がある。結果を基に、十分な教育や経験を積ませていれば、事故を未然に防ぐことができた可能性がある」と結論づけた。