通水管|稲田防衛相、豪雨対応中に一時不在

  九州北部を襲った豪雨の行方不明者らの捜索救助に自衛隊があたっていた6日昼通水管、稲田朋美防衛相が「政務」を理由に約1時間、東京・防衛省を不在にする一幕があっ通水管。大臣、副大臣、政務官の政務三役全員がいなかった格好で、省内から「隊員が必死で通水管動しており、士気にかかわる」との声も上がっている。 稲田氏が防衛省を離通水管たのは6日午前11時50分。午後0時半過ぎに小林鷹之政務官が登庁するまでの約4通水管分間、政務三役がいない状態になった。稲田氏は午後1時に再び登庁する際、記者団か通水管ら「何の政務だったのか」「政務三役不在で救援指揮に問題はないのか」などと問われ通水管が、無言でエレベーターに乗り込んだ。 「政務」は、後援者との会合や選挙通水管援など政治家としての活動。閣僚としての業務である「公務」とは区別される。「政務通水管の内容について、防衛省は「民間との防衛政策に関する勉強会に出席した」とした。