通水管|<原子力規制委員長>田中氏、

 関西電力高浜原発が立地する福井県高浜町を訪れた原子力規制委員会の田中俊一委員長が通水管6日、地元住民との意見交換会で、原発を狙った北朝鮮によるミサイル攻撃について問われた通水管際に「東京のど真ん中に落とした方がよっぽど良い」などと述べた。【図で見る】北通水管朝鮮の核・ミサイル開発をめぐる最近の動き 田中委員長は高浜原発3、4号機の再通水管稼働を受け、地元との意見交換や原発視察のため6~7日の日程で高浜町を訪れている。通水管 意見交換会には住民ら27人が参加し、北朝鮮によるミサイル攻撃への対応について質通水管問が出た。田中委員長は「小さな原子炉に落とす精度が(北朝鮮のミサイルに)あるのかよく通水管分からない」と述べた後、「私だったら東京のど真ん中に落とした方がよっぽど良いと思う」通水管と発言した。直後に「今のは冗談」と付け加えた。 会合後の取材に対し、田中委員通水管長は「ターゲットが大きい方が良いという意味だった。例えが不適切だった」と釈明した。