通水管|日米韓首脳会談 北朝鮮への圧力強化で一致

ドイツを訪問中の安倍首相は、日本時間の7日未明、日米韓の3首脳による会談に臨んだ。北朝鮮の通水管弾道ミサイル発射を受けて圧力を強化していくことで一致した。 安倍首相は、北朝鮮との通水管対話を重視する韓国の文大統領に対し、まずは圧力強化が大事だと連携を呼びかけた。会談の中で安通水管倍首相は、今月4日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを受けて、「北朝鮮は真剣に対話する意通水管がないことを示すものだ」「国際社会による圧力を一段引き上げる必要がある」と訴えた。通水管 その上で、「対話のための対話は全く意味がなく、今は圧力をかけ続けることが必要だ」として、通水管北朝鮮との対話を重視する文大統領にも連携を呼びかけた。 その上で3首脳は、「緊密に通水管携して北朝鮮にさらに圧力をかけていくこと」や「中国にさらに大きな役割を果たすよう求めていく通水管こと」などで一致した。 また、この後、圧力強化に慎重な中国やロシアの首脳も参加する通水管G20首脳会議で、北朝鮮に対し強いメッセージを打ち出せるよう連携する方針を確認した。