通水管|豊田真由子議員の暴行疑惑

自民党の豊田真由子衆院議員(42)=埼玉4区=から暴行を受けたとして、元秘書の通水管50代の男性が6日、埼玉県警に被害届を提出した。関係者への取材でわかった。県警通水管は傷害容疑などを視野に捜査を進めるとみられる。 関係者によると、元秘書通水管は6月27日、県警に被害を申告。6日に改めて県警を訪れ、被害届を出したという。通水管6月22日発売の「週刊新潮」が暴行疑惑を報じ、豊田氏は同日、離党届を提出した。通水管週刊新潮や同誌がネット上に公開した音声などによると、豊田氏は秘書のミスを理由に通水管「私が受けた痛みがどれだけかわかるか。この野郎」「頭ぐちゃぐちゃになってひき殺通水管されてみろ」などと発言。この間に暴力もふるったとみられる。 豊田氏は厚通水管生労働省課長補佐を経て、2012年の衆院選に埼玉4区(朝霞、志木、和光、新座各通水管市)から立候補し、初当選。現在2期目で、文部科学政務官などを歴任している。