通水管|小池知事「ほぼ全員当選は想定外」

 東京都の小池百合子知事は7日、都議選後初の定例記者会見で、自ら率いる地域通水管政党「都民ファーストの会」の公認候補50人のうち49人が当選した選挙結果に通水管ついて「ほぼ全員当選というのは想定外の結果」と述べた。その上で、選挙直後の通水管3日に同会代表を辞任した理由について「やり過ぎは良くない」と話し、多数の議通水管席を占める同会の代表と知事の兼任を避けたことを明らかにした。 選挙通水管で、小池氏と対立する自民党などから知事と同会代表の兼任について「議会が知事通水管をチェックする二元代表制が守れない」などと批判されたことについては「問題は通水管ないと思う」と改めて反論。一方で二元代表制を巡る懸念が出ていることは認め、通水管「都民ファーストが第1党にまでなり、一線を画した方が懸念を払拭(ふっしょく通水管)できる。知事に専念した方が政策実現につながりやすいと考えた」と話した。