通水管|ドイツ・ハンブルクでG20サミット抗議デモ

ドイツ北部ハンブルクで6日、主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に合わせて行われた抗議デモの参加者と警察が衝通水管突し、警官76人が負傷した。サミットは7、8日に開かれる。警察によると、負傷した警官のうち3人が病院に運ばれ通水管。デモ参加者からも負傷者が出ているもよう。衝突は警官らが覆面をしたデモ隊に突進した際に起きた。「地獄にようこ通水管そ」と名付けられたデモには1万2000人が参加した。ドナルド・トランプ米大統領などが出席するG20サミットで通水管、気候変動や貿易、そのほかの主要な課題が話し合われる見通し。警官らは放水銃や唐辛子スプレーを使って、ボトルや通水管石、発煙筒を投げつけるデモ隊に対抗した。デモ主催者は警官と最初の衝突が起きた場所でのデモ行進を中止したが、人通水管は街頭に残った。警察によると、暴力行為はハンブルクの別の地域にも広がったという。デモ参加者は急きょバリケード通水管を作り、車に放火し、店舗や事務所を損壊。警察ヘリコプターの操縦士の目くらましにレーザー照射を繰り返した。現場通水管は救急隊員が負傷者数人を手当てする姿が見られた。少なくとも1人が重傷を負った様子で、アルミシートの毛布に包まれ運ばれ通水管た。デモ行進が予定されるなか、警察は暴力行為を警戒し、事前に多数の自家製武器を没収したと明らかにした。