通水管|パリ協定で19カ国結束

ドイツ北部ハンブルクで開かれていた主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)は8日、首脳宣言を採択して閉幕した。米国以外の19カ国が結束して地球温暖化対策の国通水管際的枠組み「パリ協定」に取り組むことが明記され、米国の孤立が鮮明になった。貿易問題では、反保護主義の文言が明記されたが、昨年の首脳宣言と比較すると表現は弱められ通水管。 首脳宣言では、G20全体で温室効果ガスの削減などに取り組むことを明記。そのうえで、米国以外の参加国は「パリ協定の早急な完全実施に向けた強い決意を再確通水管する」とした。協定離脱を表明した米国については「化石燃料をよりクリーンで効率的に使えるよう、ほかの国と緊密に協力する」などと別途言及された。 米国のパリ通水管協定離脱については、地球温暖化についての討議で各国から発言が集中した。だがトランプ米大統領は、ロシアのプーチン大統領との会談のため、この討議を途中で離席した。米通水管と他国の亀裂が浮き彫りになった。 議長国ドイツのメルケル首相は閉幕後の会見で「米国は自分が言いたいことを言い、我々は欧州の立場を明らかにした。米国の立場通水管我々の意見ではないことを明らかにできてよかった」と語った。 もう一つの焦点だった自由貿易については、「あらゆる不公正な貿易慣行を含む保護主義と闘い続ける通水管」とした。また「相互に利益をもたらす貿易と投資の枠組みの重要性」や「正当な貿易を守るための手段の役割を認識する」との内容も入った。報復的な関税措置を検討する米国通水管配慮した形で、昨年の「あらゆる形態の保護主義に反対」という表現からは後退した。 中国などを念頭にした鉄鋼の過剰生産問題では、今年11月までに解決策を示す通水管告書をとりまとめることで合意した。 宣言には、欧州などに多くの難民・移民が流出しているアフリカへの支援や、密航業者の取り締まり強化なども盛り込まれた。