通水管|〔梅雨前線停滞〕9日は西日本で非常に激

西日本では梅雨前線が停滞しており、大気の状態が非常に不安定となっています。このため、9日は西日本で非常に激しい雨が降って、大雨通水管となるところがある見込みです。九州北部地方では、これまでの記録的な大雨により地盤の緩んでいる地域があり、引き続き土砂災害に通水管厳重に警戒が必要です。今後の気象情報や自治体からの避難情報などに十分注意してください。■防災気象情報【土砂災害警戒通水管情報】・熊本県 :八代市西部、宇土市、宇城市、西原村(9日03:05)・大分県 :日田市(6日14:55)※土通水管災害警戒情報は、大雨警報が発表されている状況で、土砂災害発生の危険度がさらに高まったときに、対象となる市町村を特定して警戒を呼通水管びかける情報。周囲の状況や雨の降り方にも注意し、危険を感じたら躊躇することなく早期避難を。■今後の見通し【予想24通水管時間雨量】(~10日06:00/多い所)・120mm 九州北部地方、中国地方■警戒・注意・厳重警戒:土砂災害通水管・注意  :低地の浸水、河川の増水、落雷、竜巻などの激しい突風◆用語解説「非常に激しい雨」・1時間50~80mmの通水管雨、滝のように降る(ゴーゴーと降り続く)状態で、傘は全く役に立たなくなる。水しぶきであたり一面が白っぽくなり視界が悪くなり、車通水管の運転は危険とされる。土石流が起こりやすくなったり、都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込むなど、多くの災害が発生するおそれ