通水管|同床異夢の「反保護主義」

【ハンブルク時事】20カ国・地域(G20)首脳会議の首脳宣言は、焦点の自由貿易で「不公正な貿易慣行を含む通水管保護主義と闘う」との決意を明記した。 自国の利益を最優先に一方的な措置も辞さない構えの米国と、保通水管護主義の悪影響を懸念する日本、欧州などが歩み寄った。ただ、国内に悪影響が及ぶのを避けるため米国を含めた各通水管国に対抗措置を取る選択肢も容認し、国際協調の演出に苦心するG20の「同床異夢」が浮き彫りになった。通水管 「保護主義と闘う」との文言は、5月の先進7カ国(G7)首脳宣言に盛り込まれ、G20でも初日の討議でこ通水管の路線を踏襲する方向が固まった。しかし、米国はG7後も、鉄鋼貿易での制裁発動に向けた手続きを継続している通水管。不公正な貿易慣行を行う国には対抗措置も辞さないという米国の姿勢に、G20でも懸念の声が上がった。通水管 各国は米国の通商政策に対する疑念を拭い切れておらず、反保護主義のメッセージは有名無実になりかねない。通水管温暖化対策の国際的な枠組みである「パリ協定」をめぐっても、協定からの離脱を決めた米国の孤立が目立った。G通水管20が結束したとは言いがたく、トランプ米大統領が初出席した今回の会議は溝の深さばかりが注目を集めた。