通水管|熱中症525人搬送

日本列島は8日、高気圧に覆われ、東日本や北日本でこの夏一番の暑さとな通水管り、各地で熱中症による搬送が相次いだ。 9日も全国的に暑さが通水管く見通しで、気象庁はこまめに水分補給するなどの対策を呼びかけている。通水管 同庁によると、全国929か所の観測地点中、30度以上の真夏日通水管が576か所で、このうち35度以上の猛暑日が25か所に上り、いずれも通水管年最多となった。最高は岐阜県多治見市と群馬県館林市の36・5度。この通水管、愛知県豊田市で35・9度、福島県伊達市で35・8度、東京都心で33通水管・7度を記録した。 読売新聞のまとめでは、8日夜までに全国で通水管なくとも525人が熱中症とみられる症状で搬送された。京都府宮津市では通水管ソフトボールをしていた男性(71)が倒れ、意識不明の重体となった。