通水管|3年ぶり奪還、市民歓喜

2014年6月に過激派組織「イスラム国」(IS)に制圧された後、3年以上に及ぶ恐怖支配が続いたイラク北部モスルで通水管9日、軍による「解放」がようやく宣言された。 かつては重要な交易路として栄えたモスルはIS支配と戦闘で破通水管壊を極めたが、この日ばかりは市民らが悲願の自由を喜び、街頭に繰り出して歓喜に酔いしれた。 モスルではこの通水管日、アバディ首相の「解放宣言」が出る前から、軍兵士が戦車に乗って高々と武器を掲げ、IS打倒を祝うムードに包まれて通水管た。首相もモスルに到着後、昨年10月から続いた奪還作戦の経過報告を軍司令官から受けつつ、ISが最後まで抵抗したモ通水管スル西部を歩いて凱旋(がいせん)し、歓声を送る人々に手を振る余裕すら見せた。 モスル旧市街の一部では、自通水管爆テロもいとわないIS戦闘員が依然立てこもり、市内全域を完全に制圧したとは言い難い。首相は「ISの残党に逃げ道は通水管く、降伏するか死ぬだけだ。既に勝利は決まった」と断言した。 ISは特異の宗教解釈を採用し、モスルで市民の通水管自由を極端に制限。そのため、窮屈でおびえる生活を終えた達成感はひとしおのようだ。イラクのテレビでは、モスル市内で通水管国旗を掲げて祝福する子供たちや、首都バグダッドなどイラク各地でモスル奪還を盛大に喜ぶ様子が繰り返し放映された。