通水管|住みたい街の基準、潮目は変わったのか?

毎年発表されている「住みたい街(駅)ランキング」に、今、異変が起きている。大手不動産情報サイト「HOME'S」がユーザーを対象にした調査に基づいて発表した「買って住みた通水管い街ランキング首都圏版」では「船橋」が、そして「借りて住みたい街ランキング」では「池袋」が、「吉祥寺」や「恵比寿」といった人気の街を押さえて1位になったのだ。【通水管活費が抑えられそうな街ランキング】 また各種ランキングでは、「北千住」や「赤羽」など、今までは見向きもされなかった庶民的な街が、新たな人気エリアとして浮上してい通水管。今後、どんな街が浮上して、どんな街が寂れていくのか──。住む街を決めるうえでは、常に動向をチェックしておく必要がある。●買って住みたい街ランキング1位はなんと通水管橋に HOME'S総研が発表した「2017年 買って住みたい街ランキング首都圏版」では、船橋が1位に輝くという意外な結果が出た。今までは、地域イメージが良かった通水管、大規模マンションや駅周辺の再開発で地域のポテンシャルが向上する街(駅)がランクインしていた。 2016年のランキングと比較しても、上位を占めた吉祥寺、横浜、恵通水管比寿は軒並みランクダウンし、吉祥寺と恵比寿に至っては圏外まで落ちた。 このような“波乱”が起きた背景には、アンケートの集計方法の変更が関係している。2016年版通水管では、首都圏(1都3県)の居住者を対象にしたインターネット調査(有効回答数1030票)で、どちらかといえば、「街の人気投票」という側面が強かった。近年、都心の人気エリア通水管住宅物件は、とても庶民には手が届かないほど価格が高騰している。とはいえ、こういったエリアはブランド力があって便利なので、「今の収入では吉祥寺や恵比寿に買って住むのは無理通水管けど、住めるのなら住みたいよね」ということで票が入り、その結果、ブランド力が高い街(駅)が上位を占める、我々の生活実態とはかけ離れたランキングになってしまっていたのだ