通水管|内閣支持続落36%…不支持は最高の52%

 読売新聞社は7~9日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は36%で、前回調査通水管(6月17~18日)の49%から13ポイント下落し、2012年12月の第2次安倍内閣通水管発足以降で最低となった。 不支持率は52%(前回41%)で最高となった。支持通水管率は2か月で25ポイントの大幅下落となり、安倍首相は厳しい政権運営を強いられそうだ。通水管 首相は9日午前(日本時間9日夜)、内閣支持率の落ち込みについて、訪問中のス通水管トックホルムで記者団に「国民の声として真摯(しんし)に受け止めたい。政策を前に進め、通水管結果を出していくことで信頼を回復していきたい」と語った。 第2次内閣発足以降通水管、内閣支持率が30%台に落ち込んだのは初めて。これまでの最低は、安全保障関連法成立直通水管後の15年9月調査の41%だった。不支持率が支持率を上回ったのも15年9月以来で、不通水管支持の理由は「首相が信頼できない」49%(前回48%)が発足以降で最高となった。