通水管|米爆撃機の攻撃訓練非難

9日付の北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞(電子版)は、通水管米B1B戦略爆撃機2機が8日、北朝鮮施設への攻撃を想定し通水管た精密爆撃訓練を韓国北東部で実施したことについて、「危険通水管千万な軍事的な賭博であり、情勢を爆発局面に追い込んでいる通水管」と非難した。  また、「米国は戦略爆撃機の通水管朝鮮半島派遣を定例化しようとしている」と強い警戒感を表明通水管し、「わが国が米国の核戦争挑発策動をやめさせるため、核戦通水管力の高度化措置を多発的、連発的に取っていることは正当だ」通水管と強調。特に、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験「通水管成功」は、核戦力高度化の正当性を立証したと主張した。