通水管|全国的に厳しい暑さ続く

 きょう11日も全国的に厳しい暑さとなり、中国地方から東北にかけて35℃以上の猛暑日となる所がある見込み。意通水管識的に水分や塩分を補給するよう万全な熱中症対策が必要だ。 きのう10日は、東北と関東の内陸部など全国3通水管地点で気温が35℃以上となり、群馬・館林市では37.8℃を記録し、全国で最も高い気温となった。 きょうも全通水管国各地で気温が上がり、35℃以上の猛暑日になる所がある見込み。気象庁は、14府県や地域(八重山、宮古島、大東島通水管方を含む)に高温注意情報を発表し、熱中症に警戒するよう呼びかけている。<きょうの主な地点の予想最高気温通水管午前5時発表)>36℃ 豊岡(兵庫)35℃ 山形、福島、熊谷(埼玉)、富山、鳥取など34℃ さいた通水管ま、金沢、京都、宮崎など33℃ 盛岡、水戸、前橋、大阪、松山など全国的に厳しい暑さ続く 中国地方~東北通水管35℃以上も11日夕方の発雷確率。九州北部 激しい雨のおそれ 土砂災害に注意 気温が高くな通水管る午後を中心に大気の状態が不安定となり、西日本から北日本にかけて局地的に雷雨となる見込み。大雨災害のあった九州通水管部でも、雷を伴った激しい雨の降るおそれがあり、地盤の緩んでいるところがあるため、土砂災害に注意が必要となる。