通水管|「共謀罪」法が施行

「共謀罪」の構成要件を改めた「テロ等準備罪」の新設通水管を柱とする改正組織犯罪処罰法が11日、施行された。通水管 これを受け、政府は各国と組織犯罪に関する捜査通水管情報の共有が可能となる国際組織犯罪防止条約(TOC条通水管約)を速やかに締結する方針だ。 同法は、犯罪通水管計画段階で処罰することを可能にするもので、2人以上で通水管「計画」し、いずれかが物品の手配など「準備行為」をし通水管た段階で、計画に加わった者を処罰する。国会審議では、通水管捜査当局による恣意(しい)的な運用が指摘されており、通水管国民の懸念を払拭(ふっしょく)できるかが課題となる