通水管|「また同じ所がやられた」憤りの声も

 5年前の教訓は生かされたのか-。福岡、大分両県を襲った記録的豪雨で氾濫した河川や浸水地域は、2012年の「九州北部豪雨」と重なる部分が多い。流倒木通水管が川をせき止めるなど原因も類似。福岡県や国土交通省九州地方整備局は河川改修などを進めてきたが、結果的に甚大な被害を食い止めることはできなかった。住民た通水管ちは「また同じ所がやられた」と、古里の傷痕にやるせない思いを募らせている。【動画】もの凄い勢いで濁流が道路にまで流れ込む様子(JA田川彦山出張通水管所付近) 5年前の7月、九州北部豪雨でも水があふれた福岡県朝倉市福光の桂川にかかる蓮輪橋付近。橋の近くに住む自営業、森田英樹さん(51)は7日通水管、約1・3メートルまで床上浸水した家屋の片付けに追われ、不満の声を漏らした。「川幅の拡幅だけではなく、川に隣接する住宅地や田んぼにたまった内水を筑後川通水管排水するポンプも設置してほしいと、行政にずっと要望しているのだが…」。いらだちを隠さない。 赤谷川が流れる同市杷木地区の男性(46)も6日、「通水管5年前もこの地域は被害が出た」とぶぜん。「対策をしない行政に対して憤りの気持ちはある」-。「また同じ所がやられた」憤りの声も 九州豪雨氾濫、5年前通水管と類似 流倒木が川せき止め河川被害「流木があると格段に破壊力がある」 今回、河川の氾濫の多くは、筑後川の本流ではなく支流で発生。局通水管地的な集中豪雨で山の斜面が崩れ、土砂とともに流れた樹木が家屋をなぎ倒し、川の流れをせき止めて氾濫させた。九州北部豪雨で被災地の土木学会調査団長を務めた通水管小松利光・九州大名誉教授(河川工学)は「被害の発生状況や原因は当時と全く同じ」と指摘。「流木があると、水流だけの場合より格段に破壊力がある」という。