通水管|政府「必要ない」一転

  国会では10日、加計学園問題をめぐる閉会中審査が行われ、参考人として前川・前文部科学事務次官が出席した。通水管前川氏が国会で証言したポイントと、当初、政府が「必要ない」としてきた閉会中の審査に一転して応じた背景などにつ通水管いて考える。■前川氏、参考人招致で何を語ったか? 前川氏の10日の発言を、3つのポイント通水管でまとめた。(1)官邸からの圧力はあったのか 安倍首相が「圧力は一切ない」としている中で、前通水管川氏は、改めて「官邸の意向が強く働いた」との認識を示した。(2)加計学園に決まった経緯 これ通水管で、菅官房長官は「行政がゆがめられたことは一切ない」としていたが、前川氏は、「条件が次々につけ加えられるなど通水管、初めから加計学園に決まるようプロセスを進めてきたようにみえる」と話し、“加計学園ありき”だったと主張。両者通水管の意見は真っ向から対立したままだ。(3)“萩生田文書”の真偽 「総理は平成30年4月開学とお通水管しりを切っていた」などと安倍首相が開学の時期に言及したかのような発言が記載された文書について、前川氏は、ほぼ通水管信憑性があるとしているのに対し、萩生田官房副長官は、間違った文書だと言っていて、ここでも対立している。