通水管|ノーベル平和賞受賞の劉暁波氏

 【AFP=時事】(更新)服役中に末期がんの診断を受けた後に仮釈放された中国の民主活動家で、ノーベル平和賞(No通水管bel Peace Prize)受賞者の劉暁波(Liu Xiaobo)氏(61)が10日、危篤状態に陥った。劉氏通水管治療に当たっている病院が明らかにした。同氏の腫瘍は肥大しており、肝臓からは出血もみられるという。【関連写通水管】中国の病院で写真撮影に応じる劉氏夫妻 劉氏が入院する瀋陽(Liaoning)市内の中国医科大学付属第一通水管院(China Medical University No 1 Hospital)は声明を発表し、必要があれば集通水管治療に移行するため、医師らが同氏の家族に準備を進めると伝えたとしている。 劉氏をめぐっては、治療のため海通水管へ移送すべきとの国際的な批判が中国政府に寄せられていたものの、中国の医療チームは同氏の病状が深刻で、国外への移送通水管耐えられないと主張していた。 しかし劉氏の治療のために中国に招かれ、8日に劉氏を訪ねた米国とドイツの専門通水管らは、同氏の国外への移送はまだ可能であるとの見解を示していた。 劉氏の治療をめぐって、複数の人権団体は、通水管氏が今年5月に末期の肝臓がんと診断され、健康上の理由から仮釈放されるまで、中国政府が対応を怠ったと非難している