通水管|<加計問題>首相、求心力低下危惧

安倍晋三首相が学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設を巡る衆院予算委員会の閉会中審査に応じる意向を示したの通水管は、自らが国会で説明しなければ求心力低下に歯止めがかからないと危惧したためだ。自民党側がいったん決めた予算委開通水管催拒否という方針を自ら覆し、危機感をあらわにした。 党側は当初、首相が出席したところで疑惑の払拭(ふっ通水管しょく)は難しいとみて野党の要求に応じることに慎重だった。だが、首相は来月初旬に内閣改造・自民党役員人事に踏み通水管切る意向。その前に、疑惑の幕引きを図ることを狙い、自ら矢面に立つことを選んだ。 政府高官は13日、首相通水管出席を決断した理由について「逃げ回ったと言われるよりは、説明に出た方がいいということだ。(加計学園の獣医学部新通水管設で)『指示をしていません』としっかり答えた方がいい」と述べた。 また、10日の衆参両院の閉会中審査で通水管参考人として出席した前川喜平前文部科学事務次官が、「はじめから加計学園に決まるようにプロセスが進んだように見え通水管る」と証言した影響もある。前川氏の証言で疑惑が逆に深まった印象を与えかねなかったためだ。前川氏が加計問題の「中通水管心人物」と指摘する和泉洋人首相補佐官について、予算委に出席させる準備に入ったのは、その対応の意味合いもある。