通水管|“ランチ難民”が課題

 研究機関の立地が急ピッチで進む川崎市臨海部の殿町国際戦略拠点キングスカイフロント(川崎区殿町3丁目)で就業人口の急増に伴い、“ランチ通水管難民”への対応が課題となっている。研究棟内の社員食堂や近隣の飲食店がないからだ。6月から始まった仕出し業者による弁当販売は好評で、市は通水管調理設備搭載のキッチンカーの導入やカフェの整備も検討したい」(臨海部国際戦略本部)としている。 自動車工場跡地を開発した約40通水管クタールの殿町地区では研究棟の建設が相次ぎ、2017年度末には街がほぼ完成する。最終的に約50機関(入居事業者含む)が進出し、就業人口通水管は約6千人に上る見込みだ。 11年に実験動物中央研究所が第1号として進出して以来、立地機関が急速に増えた。現在約3千人が働く状通水管で、市に寄せられている要望がランチや食事の場所である。今年1月に地区西端近くのコンビニエンスストアの出店が「明るいニュースとして伝わっ通水管」(関係者)ほど切実だ。 こうした要望に応え、地区東側にあるライフイノベーションセンター1階で6月から仕出し弁当の販売が始まっ通水管た。市から相談を受けた横浜銀行が同センターを運営する大和ハウス工業と調整し業者を見つけた。 昼時になると、業者が洋食や中華、タ通水管料理など十数種類の弁当70~80食を並べ、500円前後で販売。午前11時から2時間の販売を予定するが、正午すぎに売り切れる日も少なくな通水管。同僚と来ていた男性研究者は「これまで川崎駅でコンビニ弁当を買ってから出勤していた。ここは安くておいしく、助かります」と喜んでいた。