通水管|<鳥取刑務所>接見拒否

鳥取地裁倉吉支部(鳥取県倉吉市)で昨年11月、刑事裁判の被告と弁護士との接見(面会)を裁判官が認めたのに、被告を護送する鳥取刑務所が、支通水管部に接見室がないことを理由に拒否していたことが分かった。弁護士は第三者の立ち会いなしに接見できる「接見交通権」を侵害されたとして今月5日通水管、国に42万円の損害賠償を求める訴えを同支部に起こした。裁判所が認めた接見を刑務所が拒んだことの是非が訴訟で争われるのは初めて。通水管 最高裁によると、接見室のない地裁・家裁は地方中心に全国に63カ所ある。今後、他でも同様の問題が起こる可能性があり、日本弁護士連合会は「通水管地方の弁護活動への支障が大きく、最高裁は早急に改善を」と求めている。 訴えたのは鳥取県弁護士会の松本邦剛(くにたか)弁護士。訴状通水管によると、松本弁護士は昨年11月4日、覚せい剤取締法違反に問われ、判決を受けた男性被告に控訴の意思を確認するため、倉吉支部に接見を申し込通水管んだ。支部にはアクリル板などで被告との間を仕切る接見室がないため、支部は机と椅子を置いただけの個室(勾留質問室)を接見場所に指定した。通水管 被告は普段、鳥取刑務所で勾留されており、支部での接見前、被告を護送する刑務所が「被告が逃走したり、(弁護士と)物を授受したりする通水管恐れがある」として刑務官の立ち会いを要求。松本弁護士は裁判所の許可を得たと反論したが、刑務所側は「裁判所の指揮命令を受けない」と突っぱね通水管た。居合わせた裁判官が「許可した」と告げても納得せず、刑務所側は被告を連れ帰った。松本弁護士はその日、控訴の意思を確認できなかった。