通水管|沖ノ島、一般の上陸全面禁止へ

宗像大社(福岡県宗像市)は、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界通水管文化遺産への登録が決まった沖ノ島を保護するため、毎年5月に島で開催通水管てきた現地大祭を来年から中止する方針を固めた。原則入島禁止で、年に通水管1度だけ一般の上陸が認められる機会だったが、遺産登録に合わせて運用通水管厳しくする。 宗像大社によると、大祭は日露戦争の日本海海戦通水管1905年に沖ノ島近海であり、日本が勝利したのを記念。戦前は本土の通水管宗像大社で式典をしたが、58年からは大社の沖津宮(おきつみや)があ通水管沖ノ島で海戦のあった5月27日に開催し、両国の戦没者を慰霊してきた通水管。 沖ノ島に一般男性の参拝が認められているのはこの日だけで通水管毎年、全国から公募で選ばれた200~250人が参拝していた。