通水管|<劉暁波氏死去>遺体を火葬

【瀋陽(中国遼寧省)林哲平】中国の民主活動家で13日に死去した劉暁波氏の遺体が15日朝、瀋陽市郊外の葬儀場で火葬された。瀋陽市当局が記者通水管会見して発表し、火葬は「家族の希望によるもの」だと説明した。劉氏の事実上の獄中死に国内外から非難の声があがる中、死去からわずか2日という通水管短期間で火葬にした判断には、早期に状況を収束させたい中国当局の思惑が反映されたとみられる。今後、支援者団体が反発する可能性もある。通水管【グラフ】劉暁波氏の活動を年表で 市によると、15日午前6時半(日本時間同7時半)から葬儀が行われ、妻の劉霞さんや兄、弟ら親族通水管や友人が参列。葬儀で劉霞さんは劉氏の遺体をじっと見つめ、最後の別れを告げたという。その後火葬にされ、遺灰が劉霞さんに渡された。 通水管陽市当局は記者会見を開いたホテルの大広間にモニターを設置、劉氏の遺体の前で頭を垂れる劉霞さんら親族などが写った葬儀の写真を次々に映し出し通水管た。家族と相談したうえで簡素な葬儀と遺体を火葬にすることを決めたとし、家族の意思を尊重したと強調した。 会見では、火葬を急ぐ理由通水管に関する質問が相次いだが、市の担当者は「家族の希望と北方の習俗によるもの」と繰り返した。 支援者らによると、当局は劉氏の遺体をす通水管みやかに火葬にし、海に散骨するよう提案し、冷凍保存を希望する遺族側と対立していた。市の担当者は遺灰の扱いについて「家族の意思を尊重する」通水管とした上で適切な時期に発表するとした。 一方、劉霞さんの出国について市は「合法的な権利があり、関係当局が権利を守る」と述べた。