通水管|フジテレビ、芸能人にニセ警官差し向け

フジテレビが7月6日に放送したバラエティ番組「人気芸能人にイタズラ! 仰天ハプニング77連発」の中で、芸能人が万引きの濡れ衣通水管を着せられる「ドッキリ」が放送され、批判を浴びている。問題になったのは、コーナーの1つ「芸能人がありえない状況で万引通水管犯に間違えられたらどんなリアクションをするのか?」。買い物中、万引きGメンに呼び止められた芸能人が荷物を確認すると、スタッフ通水管が仕込んでいた商品が見つかるというもので、事務所でのニセ警察官とのやりとりをへて、ネタバラシという流れだ。ターゲット通水管なったのは、4人の芸能人。お笑い芸人のスギちゃん、おかずクラブのオカリナさん、TKO・木下隆行さんは、一様に不安そうな表情。通水管方、俳優の的場浩司さんは、万引き犯と決めてかかる万引きG面や警官役に対し、怒りを露わにし、迫力の表情を浮かべていた。通水管視聴者からは「悪質すぎる」などの声が上がっているようだが、警察官のフリをして、人を犯人扱いするドッキリが、もしヤラセではなく通水管本当のものであったら、法的に問題ないのだろうか。冨本和男弁護士に聞いた。●警察官のコスプレは「軽犯罪法」に違反するか通水管?「警察官でもないのに、警察官だと名乗ったり、警察官の制服に似たものを使用した場合、軽犯罪法(1条15号後段)に違反通水管ることが考えられます。条文上、拘留・科料(1000~9999円)という形で処罰される可能性があります」と冨本弁護士は語る。