通水管|FGT台車の車軸に摩耗

 九州新幹線長崎ルート(博多―長崎)に2022年度導入予定の新型車両「フリーゲージトレ通水管イン(FGT)」の台車の車軸に摩耗が見つかり、実用化に向けた耐久走行試験へすぐに戻るこ通水管が困難になったことが14日、分かった。 国土交通省の専門家委員会が、安全を確認通水管するための試験結果を同日検証。これを受け同省は、予定通りの導入は「難しい」との認識を示通水管た。 車軸の摩耗は、部品の改良で以前より改善したが、走行に支障のあるものが2カ通水管で見られた。専門家委は「耐久走行試験に移行する場合、新たな対策が必要」と指摘。経済性を通水管検討したところ、車両の製造や維持にかかるコストは一般の新幹線の約1.9~約2.3倍に上通水管ことも分かった。 同省は、同日行われた与党の整備新幹線建設推進プロジェクトチー通水管ムの検討委員会に、試験結果や専門家委の判断を報告。委員長の松山政司参院議員は、JR九州通水管佐賀、長崎両県にヒアリングした上で、来月中にも対応について結論を出す考えを示した。