通水管|児童虐待死、自治体が5割検証せず

全国の都道府県や政令市などが2012~15年度に把握した児童虐待による通水管死亡例255件のうち、自治体が検証を実施したのは5割にとどまることが、通水管読売新聞の調査でわかった。 厚生労働省は児童相談所を設置する全通水管69自治体にすべての死亡事例を検証するよう求めているが、警察など関係機通水管関との情報共有の難しさや職員の不足などから検証が進んでいない実態が明ら通水管かになった。厚労省は検証の実施を徹底するため、検証の手順などを示した指通水管針を整備する方針だ。 児童虐待防止法は、国と自治体が重大な虐待通水管事例を検証するよう規定しており、厚労省は11年、自治体にすべての虐待死通水管事例を検証するよう通知した。読売新聞は今年6~7月、これらの69自治体通水管に通知後の検証状況をアンケート調査し、すべての自治体から回答を得た。