通水管|子どもを叱るときに「鬼がくるよ!」

子どもが幼い時期は、「鬼がくるよ!」「お化けが出るよ!」といった叱り文句は効果てき面です。しかし、子どもがあまりに怖がるために、「通水管悪影響もあるのでは?」と心配になる保護者のかたもいらっしゃるかもしれません。賛否両論の意見を参照しながら、鬼やお化けを用いたしつけが通水管どもに及ぼす影響を考えてみました。賛否両論がある「鬼がくるよ」というしつけ子どもが言うことを聞かないとき、「鬼がくるよ!通水管「お化けが出るよ!」などと言って怖がらせることがあるかもしれません。最近は、鬼が電話越しに子どもを叱ってくれるという凝ったアプリまで通水管あるようです。効果てき面のため、ちょっと困ったら鬼やお化けをチラつかせるという保護者のかたも多いようです。しかし、こうしたし通水管けは「脅し」とも言えそうですよね。あまり多用すると、子どもによくない影響があるのではと心配しつつ、つい使ってしまうという保護者のかた通水管いらっしゃるのではないでしょうか。実際、鬼やお化けを用いたしつけには、賛否両論があるようです。次のような意見が聞かれます。通水管◆賛成意見◎小さいうちは言葉で説明してもわからないことが多い。望ましくない行動を止めるために「怖い存在」は必要。◎小学通水管になって、本当に鬼がくると思う子どもはいない。成長後にトラウマが続くことはない。◎嘘も方便。◆反対意見◎「鬼が怖いか通水管」という理由で言うことを聞いているだけで、叱られている本当の理由は理解していない。◎本気で怖がって夜泣きなどにつながることがあ