通水管「窓から飛び降りろ」...教師が謝罪

「今すぐ窓から飛び降りろ」。小学校の教師が、4年生の男子児童に暴言を吐いていたことがわかった。さらに、背中をけるなどの暴行もあった。児童の母親は、怒りを抑えることができない。小学校側は、「通水管窓から飛び降りろと言ったのは、とんでもないこと。絶対に言ってはいけない。深く反省している。泣いてすむことではないが」と説明した。児童に対する暴言や体罰があったことを認め、謝罪した埼玉・所沢通水管市の小学校。小学校によると、7月12日、40代の男性教師が、6時間目が終わってから帰りの会までの間に、教室内で小学4年の男子児童を立たせ、暴言を吐いたという。男性教師は「今すぐ窓から飛通水管び降りろ」、「命が惜しいのか、早く飛び降りろ」などの暴言を吐いたという。3階の教室から飛び降りるよう、執拗(しつよう)に迫ったという男性教師。指導が目的だったというが、この男子児童の目通水管の前で、「このクラスは34人だったが、あすからは33人で頑張りましょう」との暴言も吐いたという。小学校によると、男子児童は、男性教師から「学校に来るな」と言われたため、翌日から学校を休み、通水管同じクラスの女子児童1人も「担任の先生が怖い」と、学校を休んでいるという。被害児童の母親は、「子どもが、学校ですごく泣いたという事実を聞いて、胸が痛んだ」と語った。男性教師は2017年通水管4月下旬にも、この男子児童が掃除の時間に、ほかの子どもたちと遊んでいたため、髪の毛を引っ張り、背中をけり、男子児童に軽傷を負わせたことについても、学校側は認めた。17日、小学校は、FNNの通水管取材に対し、「自分の言葉と行動で、児童の心を傷つけてしまいました。大変申し訳ございません。至らなさを痛感し、強く反省しています。今は少しでも早く、児童の心が回復していき、学級へ戻ってきてほしい通水管と願っています」との男性教師の謝罪コメントを公表した。依然としてなくならない、教師による体罰や不適切な言動。小学校側は今週、緊急の保護者会を開き、男性教師による一連の不適切な行動などを通水管説明し、謝罪するとしている。小学校側は、「この3日間で事情を聞いて、不適切な発言があったとわかった。本当に悲しい思いをさせたことを深く反省しています。申し訳ありませんでした」と謝罪した。