通水管「便器にゴミ…」富士山のマナー違反に困惑

夏の登山シーズンを迎えた富士山。外国人登山客も増加する中で、トイレのマナーをめぐって、一部通水管で困惑も広がっている。■年間約25万人が登山に訪れる富士山。外国人登山客も増加通水管、その割合は全体の8.7%を占めている。■しかし、今、トイレの使い方が問題となって通水管る。■富士山ではゴミはすべて持ち帰るのがルールだが、トイレの便器にゴミを捨て、流す通水管人がいるという。ひどい例では、ペットボトルをつぶして流す場合もあるという。■知識不通水管や文化の違いなどから外国人登山客のマナー違反が目立つという。■静岡県では、今シーズ通水管から英語や中国語など6か国語で書かれたトイレのマナーシートを5合目以上のすべての山小屋に配通水管布している。■ただ、取材をしてみると、マナーを理解している外国人も多くみられた。通水管■「トイレでチップを払うことは、山をキレイに維持するためにも必要だと思う(デンマークか通水管の登山客)」「ゴミはすべて自分の荷物に入れて持ち帰っています(ドイツからの登山客)」