通水管|放置された3カ月の男児

大阪市住之江区の集合住宅で生後3カ月の男児が死亡し、両親が保護責任者遺棄容疑で通水管逮捕された事件で、大阪府警捜査1課は18日、司法解剖の結果、男児は熱中症で死亡通水管た疑いがあると発表した。 府警によると、逮捕されたのは自営業の父親(3通水管)=同市住吉区=と無職の母親(19)=同市住之江区。2人は16日午後11時~翌通水管17日午前9時ごろの約10時間、生後3カ月の長男を室内に放置した疑いがある。通水管 司法解剖の結果、長男が死亡したのは17日早朝とみられ、熱中症の可能性があ通水管。目立った外傷は見つかっておらず、栄養状態に問題はなかったという。 母通水管親は府警に「クーラーをつけて外出した」と説明。通報を受けて警察官が駆けつけた際通水管は、クーラーはついていなかったといい、府警が当時の状況を調べている。 通水管阪管区気象台によると、16日午後11時に大阪市で29・2度を観測したという。