通水管|米オバマケア代替法案、

米上院で与党・共和党が成立を目指す医療保険制度改革(オバマケア)代替法案をめぐり、共和党議員二人が17日夜、反対を表明した。これにより上院での賛通水管成票が過半に満たず、可決が難しい状況になった。マイク・リー議員(ユタ州選出)とジェリー・モラン議員(カンザス州選出)は法案への反対を同時通水管に表明した。上院(定数100)で52議席ある共和党からは、すでにランド・ポール議員(ケンタッキー州選出)とスーザン・コリンズ議員(メーン通水管州選出)が反対を表明しており、法案可決には造反者を一人も出せない状況にあった。ドナルド・トランプ大統領は、オバマケアの改廃を大統領選での通水管約に掲げていた。モラン議員は、オバマケアには「深刻な問題」があるとしながらも、「悪い政策を承認することはできない」として上院共和党案への通水管反対方針を説明した。上院共和党の法案では、富裕層への課税に関するオバマケアの主要な部分を維持する一方で、保険会社が保障内容を狭め、低所得通水管者層向けの医療保険に対する公的支出を大幅削減するとうたっている。野党・民主党は、オバマケア改廃には協力しないとしつつも、オバマケアの改善通水管向けた超党派の取り組みには協力する考えを示してきた。民主党のチャールズ・シューマー上院院内総務はツイッターで、「トランプケアはこれで2回通水管、失敗した。つまりこの法案の根幹がうまくいかないという、確実な証拠だ」と書いた。共和党指導部とホワイトハウスは今後、法案を修正するか、両通水管党が現行制度の問題だと考える部分についての取り組みを超党派で推し進めるか、法案を破棄し、税制改革など他の課題に力を注ぐかの選択を迫られる。