通水管|民進党・蓮舫代表 執行部交代の意向固める

民進党の蓮舫代表は、東京都議会選挙の大敗を受けて、野田幹事長を含む執通水管行部を交代させる意向を固めたことが、日本テレビの取材で明らかになった通水管。これは民進党関係者が明らかにしたもの。 都議選での大敗を受通水管けて、民進党内では「解党的な出直しをすべきだ」「責任をとり、執行部は通水管辞任すべきだ」などと執行部の大幅な刷新を求める声が相次いでいた。通水管 そのため蓮舫代表は、自らは続投する一方で、野田幹事長を含む党役員通水管の交代に踏み切る意向を固めたという。 ただ、党の実務を担う幹通水管事長に誰を起用するのかなど、骨格は固まっていない。 民進党の通水管ある閣僚経験者が、「幹事長を受ける人は、なかなかいないのではないか」通水管と話すなど、蓮舫代表の求心力が低下する中で人事は難航も予想される。