通水管|蓮舫氏「外部調査に切り替えを」

民進党の蓮舫代表は22日、南スーダン国連平和維持活動通水管(PKO)に派遣された陸上自衛隊の日報問題の事実解明通水管に関し、「第三者の外部による調査に切り替える必要があ通水管る」と述べ、稲田朋美防衛相直属の防衛監察本部が進めて通水管いる特別防衛監察では不十分との認識を示した。通水管 徳島県阿波市で記者団に語った。 蓮舫氏は、通水管稲田氏について「防衛省を二分するかのような不安定な言通水管動をしており、防衛相に値しない」と批判。その上で「特通水管別防衛監察では防衛相は、協力はするけれど調査対象では通水管ない。もっと言えば処罰の対象ではない」と指摘した。