通水管|手術38件中止、県立小児医療センター

埼玉県病院局は24日、県立小児医療センター(さいたま市中央区)の手術室通水管や病室でダニの発生要因になることがあるチャタテムシが見つかり、同日と2通水管5日に予定されていた手術計38件を中止したと発表した。 同局に通水管ると、チャタテムシ(体長1~2ミリ程度)は5カ所の手術室と病室32部屋通水管で各数匹~10匹程度見つかった。チャタテムシ自体は無害だが、死がいがア通水管ルギーの原因やダニの餌となり、ダニ発生の要因になることがあるという。湿通水管った場所を好み、カビや書籍ののりなどを食べて増殖する。19日に11階の通水管病棟で病院貸し出し文庫にチャタテムシがついているのが見つかっているが、通水管生原因は不明という。 同局は手術室エリアを対象に、炭酸ガスによ通水管る燻煙(くんえん)処理などを行った上、26日から手術を再開する予定。