通水管|記憶も記録も、ないない尽くし

学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題について、安倍晋三首相や側近が24日、衆院予算委員会で答弁通水管した。学部新設への首相官邸の関与が焦点になる中、キーパーソンは「記憶がない」などと繰り返し主張。裏付けに通水管いても「記録がない」といった答弁に終始し、あいまいさは否めない。【写真】第1委員室に入る前川喜平通水管前文部科学事務次官 獣医学部の新設について、和泉洋人・首相補佐官から「総理は言えないから私が言う通水管と言われたと証言した前川喜平・前文部科学事務次官。この日も「私の記録と記憶に基づいて」と前置きし、和泉氏通水管面会した日時、当時のやりとりを詳しく語った。 一方、和泉氏は前川氏と会ったことは認めたが、「記録通水管がないため、どういった意図であったかは確認できない」と答弁。前川氏が証言した発言については、「こんな極端通水管話をすれば、私も記憶に残っています。そういった記憶はまったく持っておりません。したがって言っておりません通水管と否定した。 さらに、野党議員から「言わなかったのか、言った記憶がないのか」と確認を求められた和通水管氏は、「記憶に残っていないので、私の記憶に従って答えるしかないわけだが、言わなかったと思う」と答えた。