通水管|<政府>SPEEDI、利用避難に

通水管|<政府>SPEEDI、利用避難に

政府は24日、局長級職員でつくる原子力災害対策関係府省会議を開き、原発事故時通水管に放射性物質の拡散を予測するSPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワー通水管クシステム)を、避難のタイミングや方向の決定に使うには不確実性やリスクがある通水管とする見解を改めて確認した。 SPEEDIを巡っては、原子力規制委員通水管会が避難に使えないとする一方で、政府は「自治体が自らの責任で使うのは妨げない通水管とする方針を昨年3月11日に決定した。避難に使えるかどうか明確にするよう、自通水管治体側から求められていた政府が検討し、結局、規制委と同じ結論になった。通水管 ただし、自治体の裁量で使うことはこれまで通り認める。政府によると、東京電通水管力柏崎刈羽原発が立地する新潟県などは使う方針だという。事故時の避難を巡って規通水管制委と自治体で判断が分かれ、混乱が起きる懸念は解消されていない。【酒造唯】