通水管|アフガン首都で自爆テロ 35人死亡

アフガニスタンの首都カブールで24日、自爆テロがあ通水管り、35人が死亡した。ロイター通信などによると通水管24日朝、カブール西部の大学や政府高官の宿舎がある通水管地区で、車を使った自爆テロがあり、通勤途中の政府職通水管を乗せたバスなど3台の車が巻き込まれた。このテ通水管ロで、少なくとも35人が死亡したほか、40人がけが通水管した。事件後、反政府武装勢力タリバンが、「政府通水管職員が乗るバスを狙った」と主張する犯行声明を出して通水管る。カブールでは、2017年5月にも大規模な自通水管動車爆弾テロが起き、150人以上が死亡している。